会員日記帳
 2017年6月5日(月)   読んじゃ悪いか by しちょう
とにかく寝る前に読書する。
我ながら、かなりのスピードで本を読める。
歴史物や文学系から始まり、SFやホラーまで。
まるで多重人格並であらゆるジャンルをカバーしている。
しかし、読み終えた書籍が溜まってくると処分に困る。
そこで、最近「図書館」なるものを利用し出した。
昨今はWEB上で予約できる。おもしろい。癖になる。

最近読み終えたのは、ちょっと難しく字も小っちゃい史実物。
次は、頭をリラックスさせるのに、軽いホラー系でも読もうと。
WEB予約した、シリーズ物、全7巻の内、1〜3巻。
学校の怪談っぽい学園物だけど、著者が「屍鬼」シリーズの小野不由美氏なので、ハズレはないだろう。
「予約本、お取り置きできました。」とメールが来た。
早々、会社帰りに図書館へ寄る。
受付の司書は若い女性。
まずは借りてた数冊の史学書を、「どうだ、読んだぜ。キミもこういうのを読んで勉強しなさい」と言わんばかりに偉そうに返却。
「あと予約してた物を」と、上品に、クールに図書カードを差し出す。
しばらく奥へ引っ込んでいた彼女が、何か言いたげな顔で戻ってきた。
「おまたせしました・・・・あの・・・これ・・・でよろしかったでしょうか?」
差し出されたのは、ばりばりオタク好きの学園系ミニスカ女子高生のアニメのイラスト&キラキラ表紙の単行本3冊。

CGI-design