2015.10.04

レポート

ninja1000 デジタル電圧計設置

by しちょう 


フル装備にすると、レーダーやらナビやらETCやらと電装品を多く使っている。
そんな状態でグリップヒータ付けてると、たま〜にグリップヒータの電圧警告ランプが点滅して気になる。
ヘッドライトをHIDやLEDにすれば、まるまる解決なんだけど、面倒だし費用もかかるし、
かと言って、旅先でバッテリートラブルもいやなんで、電圧管理の目的で電圧計を買ってみた。
1個900円。色はどうせなら、カワサキ色を選ぼう。
小っちゃいのでどこでも取り付けられる。(ただ薄っぺらくはない)

今日はUKミーとか、ツー企画とかあがってて行きたいんだけど、留守番の日
ひとり+犬野郎で焼き肉BBQをしようとしたが、蚊の攻撃を受ける。
しかたなく部屋で焼き肉専用電熱器で焼いていたが、そのうち胃の調子が悪くなる。
前日、神戸の長田まで格安国産肉を買い出しに行った。
電話予約しておかないと売り切れるので。と聞いたので予約しておいた。
「焼き肉用カルビの一番安いの1kgと、ホルモン300gでいくらくらい?」
「2千円くらいっすかね。」
安っす!
で、バイク走らせてゲットしたけど、肉質はいいんだけど、まるでバラ肉みたい。
ケチらなくて、「一番安いのから3番目のヤツ」って頼めばよかった・・・
たぶん、コップ1杯くらいの牛脂が胃の中でビールと混じり合って気分が悪くなったんだと・・・
部屋も焼き肉のニオイが充満してさらに気分悪い。
で、外に出てこの前買っておいた電圧計でも付けるか・・・と言う訳で。
前置きがながくなりました。
一応、蚊の対策万全で挑まないとならない。
っていう画像でした

面倒だけど、電装品取り付けに手抜きは禁物なので、
左カウルを取り外して、後付電装品を制御しているリレーを取り外し、
そのリレーの出力端子(+と−)に電圧計の端子を半田付けします。
(黄色矢印がリレー)
黄色の点々枠で囲った部分が、自作した後付電装品群のラインを束ねたハーネス
純正回路とは独立させています。

Before
このあたりが目立たなくていいかも

After
控えめでいいんじゃないかな?
写真ではわかりづらいけど、ちょっと奥に設置してます。
キーONで、緑の数字が現れる。
ちなみに、
キーONで、12.3V
小数点以下の数値は頻繁にチカチカ変化するので、ちょっとうっとおしいけど・・・
エンジン始動してアイドリング状態でもそんなに変化なし
走り出すと14V弱くらいで、これは低速から高速まで変化なし。
ということは、アイドリングでは充電に回せるほど発電していないけど、
ちょっとでも走り出すと、一定量充電され続けていることになる。
高速走行や回転数を上げる必要はないってことだ。
多分近年のバイクは電装品が多いので、そういう設定になってるのかなと思う。
あと、グリップヒーターをON(最強)にすると、0.2Vくらい低下します。
方向指示器点滅中は、点灯のタイミングで、0.1V下がります。
だからど〜した。ってことだけど・・・・

なければ気になる。あっても余計に気を使う。
ま、なくても困らない気休め的なアイテムです。

レポートメニューへ