化学の力
2016/04/26 byピース
化学の力 
フロントブレーキディスクローターを取り外して組み上げた時に
ネジロックを塗る事を忘れていた
再度バラすのは面倒だったので、そのままの状態でネジを1本づつ外してやろうとしたが通常のエル型6角レンチで「なめてしまった」
そこで登場が「滑り止め液」鉄の粒子をジェルでコーティングしたようなもの
これを1滴レンチに点けてチャレンジすると、簡単に緩んだ
一応締め付けた時はゴムハンマーで最後の一撃処理をしていたのだが「化学の力」です
ちなみに、頭のつぶれたネジにも使用できます
工具かネジに1滴垂らすだけでOK
整備などでナットやネジを緩める時に「なんかなめそう」って時は1滴なめる前に1滴
これは、本当にびっくりでした
今まで、さんざんなめてはヘシ折るを繰り返していた事が悔やまれる

ネジロックはローター部分なんで耐熱用で処理しました

蘇る 
シリコンスプレーの応用編
スイッチボックスやメーター周りの色あせは甦るのです
スクーターの足元や内貼りにも効果あります

コーナンで¥188

 
スイッチボックスなどは普段はあまり気にならない
経年劣化の色あせは、バイクをより古く汚く見せてしまう

Fフォークも磨いた事なんで、メーターやスイッチボックス類の黒い部分を復活させよう

そもそも、色あせの原因は油分の消失です
だから、油分を浸透させると元に戻るのです
「アーマーオール」をご存じの方は分かり易いとおもいます

同じなんですヨ

 
一気に吹きかけました
メーターやカウルにもかかりますが後で拭けばよいだけです

15分位放置してから、余分な油分(シリコン)を拭き取りで終わり

 
カウルは洗剤で洗うために取り外しましょう

ついでに、メーターの裏側の噴射しましょう

空拭きを兼ねて余分な油分を拭きましょう

次に乗る時は新車?気分?

でも、一目で違いがわかります

 
そして、最後は洗ったスクリーンを付けて終了

ケミカル類「化学製品」は必需品です
ワコーズは評判がいいです

お試し程度なら、コーナンで同じ成分の商品は必ずあります



おまけ 
ミニ グルーガン 別名をホットボンド
あらゆる分野で使えます(工夫次第)
キボシのゴムの隙間にも有効です
配線などで被膜が破れた時にも使えます
配線を直接カウルの内側やフレームに這わす際にもOK
その他、仮止めOK
プラスチックの棒を熱で溶かして好きな形にして固まるので防水は100%信用出来ます

カプラの補強 
今回は急遽の画像紹介なんで
屋内にての例です(新品のカプラ)
車体のフロント周りのカプラは脱着を繰り返すと外れ易くなってしまう

延長コードを用いて「グルーガン」を用意する

カプラの爪部分の反対側(ここから外れる)に軽くホットボンドを垂らして
好きな形で固定する(火傷に注意)

大きな強度は出ないので取り外しも簡単です

指で横にずらすかラジオペンチで取り除くでOK

なにもしないよりは確実にカプラ接続強度は上がっていると思います

今回は整備ではなくて、メンテナンスの部類でしょうかネ

以上

■レポート作成■   [ホームへ]
CGI-design